サービス紹介

  1. トップ
  2. サービス紹介
  3. イタチ駆除

イタチ駆除について

イタチの生態

全国的に生息が確認されているニホンイタチと、主に西日本に生息が確認されているチョウセンイタチが存在しています。
ニホンイタチは日本固有の種別です。頭胴長はオスで~37cm程度です。ネズミやカエル、小鳥などを捕食します。特定の地域ではネズミ駆除(ペストの流行)のために人為的に放たれた経緯があります。敵に襲われると臭腺から強い匂いのある液体を出します。
チョウセンイタチはニホンイタチよりもやや大きく、頭胴長はオスで~38cm程度になります。ニホンイタチよりも雑食性でネズミや小鳥の他に、農作物やパンなども食べます。

イタチの被害例

家屋の天井裏に住み着き、(特に天井裏にある断熱材を噛みちぎり寝床にします)捕食したネズミや小鳥を持ち込むために、腐敗臭・蛆・ハエの発生が問題となります。また糞尿被害により天井に染みができ、衛生面でもよくありません。
ニホンイタチ特有の臭腺から発する強い匂いの液体により家中が臭くなります。天井を走り回る足音に睡眠を妨害されることもあります。

[イタチは法律により捕獲が禁止されています!ご注意ください!]
イタチが棲みついてしまった場合には駆除が必要となりますが、イタチは鳥獣保護法により捕獲が禁止されていますので無許可で捕獲することができません。
弊社の社員は狩猟免許を持っており、市町村への許可申請も代行させていただきます。
イタチ駆除はプロの業者にご相談ください。