サービス紹介

  1. トップ
  2. サービス紹介
  3. ハト駆除

ハト駆除について

ハトの生態

鳩 街中でよく見かける黒・グレーの体毛のハトは「ドバト」といわれる種類になります。この他にも国内では数種類のハトが生息しています。
ドバトの繁殖性は1回の産卵で2個の卵を産みます。年に複数回生みますので、多い場合では1年で15個前後の卵を産むことになります。繁殖力の強さが都会での鳩の発生増加の原因となっています。
帰巣性が強いのも鳩の特徴です。一度飛び立っても必ず自身の巣に戻ってきます。その為、ベランダなどを巣にされてしまいますと大変厄介です。巣にされる前の予防が大切ということになります。
寿命は10年前後ですが、病気や事故により短命なことがほとんどのようです。
鳥獣保護法により鳩の捕獲には許可が必要となります。むやみに捕獲しますと罰金刑となります。そのため、鳩への対策としては忌避剤やネットなどを用いて寄せ付けない手法を取ります。

ハトの被害例

鳩糞害鳩の被害で一番大きいのは糞害です。泣き声による騒音もあります。
鳩の糞には病原菌やウイルスが含まれていることがありますので、時に重篤な健康被害を及ぼすことがありますので注意が必要です。
糞が乾燥して空気中を舞い、ベランダなどから室内にウイルスが侵入します。また洗濯物などに付着する可能性もあります。その洗濯物を室内に持ちこんだり、そのまま着衣した場合を考えますと、非常に不衛生です。

鳩の糞により引き起こされる健康被害には下記のようなものが考えられます。
・クリプトコッカス病
・トキソプラズマ
・ニューカッスル病
・オウム病
・サルモネラ菌による中毒
抵抗力の弱い子供やお年寄りがこれらの菌やウイルスを吸い込むと脳炎などの重篤な症状が発生することがあります。
また、鳩の糞はアルカリ性のため、エアコンの室外機などに糞が体積して放置していますと、錆が発生してしまうことがあります。鉄製の柵なども同様です。
鳩は糞を溜め込んで巣にしてしまう習性があります。鳩を寄せ付けないためにも鳩の糞はこまめに掃除しましょう。
弊社では鳩駆除・防除と同時に体積した糞の清掃もおこなっております。その後の消毒もお任せください。