サービス紹介

  1. トップ
  2. サービス紹介
  3. ハチ駆除

ハチ駆除について

弊社ではスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどの駆除をおこなっております。スズメバチは季節により大変攻撃的になりますので、不用意に巣に近づかないようにしましょう。巣を発見した場合はご自身で除去しようとせず、弊社にお任せください。大阪・京都・奈良・兵庫など関西一円電話一本で駆けつけます!

スズメバチ駆除を実例でご紹介

現地調査

お客様より、瓦の隙間からハチが出入りしているとの事で見積・調査にお伺いしました。

近隣へのお知らせ

施工が困難で周りにハチが飛び交う様な事態が起きそうな場合は、あらかじめ周辺住人の方にお知らせを配り現場に近づかないようにしたり窓を閉めて頂く様にお願いをします。

防護服を着用します
スズメバチ駆除~防護服着用

蜂駆除専用の防護服、防護手袋を装着します。

巣の探索を開始します

お客様からの事前のご連絡にて瓦の隙間から出入りしているとのことでしたので、瓦の隙間を重点的に調査をおこいました。その際、数匹に威嚇されたため1匹を捕獲したところ、キイロスズメバチであることが確認できました。
今回ご依頼のお客様は、以前に別の出入り口をご自身で塞いだそうですが、ご自身での処置は大変危険であるとともに、飛び出したスズメバチが場合によっては通行人などを襲うことがありますので絶対におやめください。
弊社では、スズメバチが巣から飛び出して周辺を飛び交う様な事が無いよう、細心の注意を払いながら施工を進めます。

スズメバチ駆除

次は室内から巣の確認をおこないます。 玄関ポーチ上の天井板の貼り合わせを少し持ち上げて覗くと巣を確認することができました。巣の真下を開口すると多数のハチに攻撃を受け、また外に飛び出したスズメバチが近隣住人や通行人に迷惑をかける恐れがある為、施工員3名で同時施工をするプランをその場で決定しました。

スズメバチ駆除
スズメバチ駆除開始
スズメバチ駆除

1名は警戒にあたっているハチを速やかに殺蜂し外部との出入り口を塞ぎます。
2名はスズメバチの巣の真下からの施工で、うち1名は巣の真下の天井板に6mm程度の穴を空け、巣に針のような物を差し込み蜂専用の薬剤を直接噴射します。 もう1名は巣から少し離れた天井を開口し巣穴から出てくる蜂を待ち伏せして殺蜂します。
3名同時に施工する事により迅速、安全にスズメバチ駆除を実施することが可能となります。また近隣住民等にも影響は少なく、巣穴からは数匹飛び出した程度で施工完了する事が出来ました。

天井開口部を閉じます
スズメバチ駆除

作業のために開口した天井部分を閉じる作業をおこないます。
一般的には天井点検口を新設することが多いのですが、今回のお客様は同じ天井板を新貼りさせていただきました。
弊社はリフォーム事業にも長年の実績がありますので、こういった作業も確実・丁寧に実施することが可能です。

スズメバチの巣を撤去
スズメバチ駆除

駆除後のキイロスズメバチの巣です。巣の下に3~4匹落ちて死んでいましたが、それ以外は巣の中で死んでいました。巣の中には多数のキイロスズメバチが・・。
このようにスズメバチ駆除には現場対応で最善の方法にて施工する為、豊富な知識と経験が必要です。

ハチ駆除に関するよくあるご質問

ミツバチ駆除を実例でご紹介

現地調査
ミツバチ駆除

ミツバチは、ほとんどが屋根裏の通風口周辺・下屋の隙間に巣を作るケースが多いようです

巣の探索および駆除前の養生
ミツバチ駆除

こちらのお宅のケースでは、室内から天井裏を確認することが出来ませんでした。そのため、まずは天井に点検口サイズの穴を開口しました。
ミツバチの場合は蜜が下に落ちますので先に新聞紙・ブルーシートで養生します。

ミツバチ駆除開始
ミツバチ駆除

ミツバチ駆除を開始します。
巣に群がっていた蜂は死んで下に落ちましたが、巣を撤去する時に蜜が下に落ちますので、天井材にシミが付かないように注意しながら慎重に撤去します。

天井開口部を閉じます
ミツバチ駆除

ミツバチの巣を撤去後、施工時に開口した穴に天井点検口を新設します。
弊社はリフォーム事業にも長年の実績がありますので、こういった作業も確実・丁寧に実施することが可能です。

ハチ駆除に関するよくあるご質問