サービス紹介

  1. トップ
  2. サービス紹介
  3. ダニ・トコジラミ(ナンキンムシ)駆除

ダニ・トコジラミ(ナンキンムシ)駆除について

ナンキンムシ(トコジラミ)の生態

成虫は5mm~8mm程度の大きさで、形は平たい楕円形、赤茶色です。主にホ乳類の血を吸います。寿命は~10ケ月前後といわれています。ナンキンムシ(トコジラミ)は夜行性のため、夜になると吸血活動をおこないます。動物の体温を察知して寄生します。昼間は家具の隙間などに潜伏しています。
 薬剤の進歩により先進国からは姿を消していたのですが、近年、米国の高級ホテルやオフィスなどでも大発生して問題となっています。日本でも海外旅行先でバックや衣服に付着したまま帰国するといったことやバックパッカーによる日本への持ち込みが現在の日本での発生の原因だと言われています。

ナンキンムシ(トコジラミ)の被害例

ホ乳類への吸血による被害が発生します。犬、ネコなどのペット、ヒトなど無差別に吸血します。ナキンムシ自身の体重の5倍の量の血液を吸血します。吸血されると1~2日後に激しい痒みが発生します。人によっては発熱やリンパの腫れを引き起こす場合があります。予防策としては、普段から家具の隙間などをこまめに掃除機で吸い取るようにしてください。大量発生した場合には専用の薬剤を利用して駆除をおこなうプロの業者に頼むしかありません。